ログイン/login
TOP > どのように取り組むのか? > AI

AI

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)とは

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)では、インタビューを活用して、強みや価値を共有することにより、
ポジティブな意識を引き出し、共通の想いや目的意識を生み出します。

  • 組織やメンバーの持続的成長を図るには、弱みや不足しているところにフォーカスするよりも、強みをさらに高めていくほうが効果的です。
  • AIでは、組織やメンバーの価値や強みに焦点を当ててそれを高め、それらの組み合わせで組織のパフォーマンスを高めるポジティブ・アプローチをとっています。
    インタビューと対話により、成功体験から強みを明らかにし、人の内面から意識を変えていきます。
  • その効果としては、雰囲気が明るくなり、チャレンジ意欲が出てきます。
    また、組織の目標や計画の推進に対して、メンバーが当事者意識をもつようになり、積極的に取り組んでくれるようになります。
    さらに、皆の知恵を結集することで、新しいアイデアや戦略、解決策などが生み出されます。

AIはこんな場面に効果的です

  • ■さまざまな問題解決アプローチを取ってきたが、効果が見えない
  • ■組織全体に活力がなくなっている
  • ■組織の文化を変えたい
  • ■メンバーの主体性を引き出したい
  • ■組織の一体感を生み出したい

プロセスの特徴

ポジティブな質問による探求とエネルギーの生成

  • 質問を通して、強みや希望、ポジティブな習慣、理想のストーリー、情熱や夢などを共有することで、 ポジティブなパワーを生み出す。

4-Dサイクルに基づいたプロセス

  • Discovery(強み・価値を発見する)
  • Dream(どうありたいか最大の可能性を描く)
  • Design(現実的達成状態を共有化する)
  • Destiny(新しい取り組みを始める)

ヒューマンバリューは、お客様の状況や文化に合わせて、インタビューの設計、プロセスの開発を行い、
一時的に盛り上がるだけのイベントで終わらない継続的な変革活動につなげていきます

  • 参加メンバーの視座を高め、システム全体を把握できるようにします。
  • トップダウンではなく、推進チームによる主体的な取り組みを通して、新たなリーダーを育成します。
  • トップからさまざまな関係者まで全員参加して、全員でありたい姿を共有するようにします。
  • お互いの経験や体験を共有することで、お互いがお互いを認め合い、尊重する雰囲気を生み出します。
  • いま取り組むべきテーマに自分たちで気づいてもらえるようにします。
  • 自分たちの潜在的ポテンシャルを探究することで、肯定的なパワーを生み出します。
  • ありたい姿の共有から、アクションプランを主体的に生み出すようにします。
  • 主体性と情熱をもったアクションプランを実行し、それを振り返り、組織としての自信を深め、
    更なる行動を生み出し、成果に結びつくまでをフォローします。
page top
ocapi
組織変革フォーラム2015