ログイン/login
TOP > どのように取り組むのか? > ファシリテーション

ファシリテーション

ファシリテーションとは

  • 変化が激しく、何が正解かもわかりにくい時代において、取り組み意欲や覚悟を引き出すためには、
    一部の人が考え、命令するのではなく、参加者の主体的な参画が必要です。
  • 参加者に当事者になってもらい、自ら考えてもらい、生み出してもらうために、
    働きかけるスキルを「ファシリテーション」といいます。

ヒューマンバリューのファシリテーションは、ジェネレーティブ(生成的)・ファシリテーションです

  • ファシリテーションにはいろいろなやり方があり、
    話し合いのプロセスをコントロールすることで「問題解決」や「より良い解決策を導く」といった方法もあります。
  • ヒューマンバリューでは、参加者一人ひとりの理解・意思・覚悟を高める場をつくることで、探求を深め、
    「意思をもって取り組める適応解」を生み出すジェネレーティブ(生成的)・ファシリテーションに取り組んでいます。

ジェネレーティブ(生成的)・ファシリテーションとは
相互作用を促す「場」をデザインし、既存の枠組みを超えて、新たな方向性を生成するファシリテーション方法(ヒューマンバリュー2004)

ジェネレーティブ・ファシリテーションは、メンバーの主体性を引き出します。

  • 会議やミーティングの参加者が、自ら考え、生み出し、当事者意識をもって積極的に行動するための意思や主体性を引き出します。
  • 日常のマネジメントのプロセスの中でも、メンバーがオープンに話し合い、
    お互いの情報や想いを共有しながら探求を深める場をつくります。
  • お互いの想いをオープンに共有し、探求することで、一体感が高まり、
    お互いを受容・支援し合う風土が生まれます。
page top
ocapi
組織変革フォーラム2015