ログイン/login
TOP > どのように取り組むのか? > ワーク・イニシアチブ

ワーク・イニシアチブ

ワーク・イニチアチブとは

一人ひとりが自分自身の働く意味や想いを発見し、日常の仕事の中で育むことで、自らのキャリアを高めていくことが大切です。

ワーク・イニチアチブとは、自らの想いに基づいて日常の仕事に取り組み、自分自身で未来をつくり出していく働き方や生き方です。

人々の働きがいを高めたい

  • 現在、組織にとって「社員一人ひとりの働きがいの向上」が大きな課題となっています。
    具体的には、「メンバーがやらされ感に陥っている」「組織のビジョンやバリューが浸透しておらず、仕事や組織へのコミットメントが低下している」といった声がよく聞かれます。
  • こうした課題に対しては、組織にいるすべての人が、働く意味やありたい姿を描いていくことで、仕事に対するコミットを生み出すことが必要です。
    そして、それらを日々の仕事の中で育み続けることで、本当の意味での持続的なモチベーションや働きがいの向上につなげることができます。
  • そこで、働きがいやキャリア意識を向上させるための継続的な学習プログラムとして、サーベイと集中セッション、コーチング、フォローセッションがセットされた、「ワーク・イニシアチブ・セッション」を開発しました。

ワーク・イニシアチブ・セッションは、サーベイを活用して仕事の意味と自分らしい仕事の流儀を探求します。

  • ヒューマンバリューが独自開発した「ワーク・イニシアチブ・サーベイ」を活用し、仕事に対する自分の想いを確認するとともに、それを日々の仕事を通じて実感を得ながら育んでいくにはどうしたらよいかについて、体験的に理解を深めていきます。
  • 自分の大切な価値観を理解し、自分らしい仕事の取り組み方を確認し、それを日常の仕事で実践し、振り返りを行うことで、自分を継続的に成長させる軌道に乗せる2日プラス1日の学習プログラムです。

ワーク・イニシアチブ・セッションの流れ

セッションの内容

ワーク・イニシアチブについてもっと知りたい方は

page top
ocapi
組織変革フォーラム2015