Our Theory

TOP > Our Theory > OST > OST

OST

OST

OSTプラクティショナー養成コースのご案内

本コースは、OSTのファシリテーションを実際に試みたが、進め方に難しさを感じている方、OSTを今後展開していきたい方を対象とした実践コースです。
OSTの背景にある哲学や理論、テクニックを演習を通して理解し、OSTセッションの前後を含めたデザインができるようになります。
▼最近の開催情報はこちら

OSTとは?

Open Space Technology (オープン・スペース・テクノロジー : 以下 OST)は、1985年ハリソン・オーウェン氏(Harrison Owen)によって提唱されました。
全員が一堂に会して話し合うホールシステム・アプローチの代表的な手法として世界各国の企業、行政、教育、NPOなどで高い成果を上げています。
OSTは参加人数の多少に関わらず、人々のコミットメントを引き出し、主体的な話し合いを通して垣根を越えた問題解決への取り組みを促します。

OSTの起源

OSTは、1985年に行われたある会議の中で、皆が一番充実していたと感じた時間が、実はコーヒーブレイクだった、ということに始まりました。そこで、同氏はコーヒーブレークがもたらす協働性や興奮をシステムとしてワークショップに取り入れる手法を考えたのです。過去にアフリカのある部落から学んだ体験に照らし合わせながら、昔からコミュニティで行われていた会議などを参考にOSTの基本的概念が完成しました。

「オープン・スペース」とは何か

オープン・スペースは、「時間とスペースの創造」と言い換えることができます。創造される時間とスペースは、まったくの個人に委ねられるため、そこにはトピックや時間の流れ、深さなど複数の異なる性質による時間やスペースが起こります。それらは、個人のユニークなアイデンティティを生み出し、同時にアイデンティティを与える空間となるのです。 衝突が起き、混乱があり、カオスの状態であったとしても、それを許す「オープン」な場であるオープン・スペースは、自己組織化が起こる最低条件である「安全な場所」を提供しているのです。

オープン・スペースの始まり~招待状から~

オープン・スペースは、5人から1000人まで参加者の幅を持つことができます。その際、参加を促すプロセスは、「招待状」という形式を用いることが多くあります。参加は、関心のある人は誰でも参加する権利があり、「自発的な自己選択」に委ねられています。そのため、招待状では必要最低限の文章で、的確にビジネスの課題を解決するために「達成したいと思っていること」を伝えることが必要になります。多くを語らないことが、出席する人々に課題に対して想像するスペースを与えるのです。

オープン・スペースの場の実施

オープン・スペースでは、一人ひとりが関心を持つすべての課題が取り上げられます。そのためには、「情熱」、「責任」、「ボランティアの精神」が必要になります。まず、「情熱」がなければ、誰も興味をもつことができません。また、興味がないことに誰も「責任」をもつことはありません。そして、それらの前提には、情熱と責任を最大限表現しようとする「ボランティアの精神」が必要となります。

オープン・スペースの原理

では、オープン・スペースはどのように進んでいくのでしょうか。オープン・スペースの実施の中心には、その原動力となる「サークル」があります。サークルという形状には、古くから教育、民族性、経済形態、政治関係、文化、社会的地位、など多大な多様性を持つグループを1つにまとめる能力があります。それはサークルであるという状態が、中心を示し、お互いの顔を見合えることを可能にし、発言の順番を無くし、権威や力の関係を省くことができるからです。 サークルを作るという状態からわかるように、オープン・スペースの参加者たちは、誰も正解を持っていません。誰かが正解を持っているという瞬間に「コントロール」の世界に入ってしまうからです。オープン・スペースではあらゆる「コントロール」を存在させません。すべてが自然発生的に、普遍的に「正しい」と思っている事実さえもが、ある人にとっての「正しさ」でしか過ぎないということを体験として理解する場になるでしょう。 オープン・スペースでは、コントロールがない空間を支える4つの原則が挙げられています。

1. ここにやってきた人は誰でも適任者である
2. 何が起ころうと、それしか起こることはない
3. それがいつ始まろうと、始まるときが適切なときである
4. それが終わったときは、本当に終わったのである

また参加者は、どの課題に参加することも自由であると同時に、自分が選択した課題に貢献できないと感じたときには、その課題が話し合われる場から自由に移動することができます。それは「チョウチョ」と「ハチ」で表され、「チョウチョ」のように休憩所に止まっていることで多くの人とコミュニケーションする機会を持ち、関係性を円滑にする効果を提供したり、「ハチ」のように次から次へと課題を飛び移ることで、より多くの情報を参加者に提供したりするなど、すべてはその人らしい貢献の仕方に委ねられています。
オープン・スペースは、真のコミュニティを作るパワーを持っています。それは、一人ひとりが自由な意思と責任を持ち、異なる意見をもつ人々と各々が持つストーリーを安全な場所で共有することでお互いを認め合い、許し合うことで、衝突や混乱、カオスから「平和」を生み出すことによって作り出されます。その「平和」とは、一瞬のポーズではなく、継続的に続く「平和ではない状態」から新たなプラクティスによって達成されつづけることによって、「平和」が実現されるのです。

OSTでは、参加者が情熱と責任を持って話し合いたいテーマがすべて取りあげられ、オープンな話し合いによってアクションプランが生み出されます

  • 組織の状況が複雑で人々や考えが多様で、コンフリクト(葛藤)の可能性があるような状態のときに、短時間で問題の共有を行い、全員がコミットしたアクションプランを生み出すのに効果的です
  • 人数の多寡を問わず、すべてのステークホルダーに参加してもらい、メンバーが提示したすべてのテーマについて話し合いが行われ、その議事録が共有化されます
  • 全員が議事録を共有し、その中から取り組むべきテーマを選択し、アクションプランを創造します
  • 参加者の主体性に委ねられたオープンな話し合いの場を作ることで、自己組織化を図る効果的なファシリテーションプロセスになっています

こんな状況ありませんか?

  • みんなが主体性を失って、状況に流されている
  • 組織の中の信頼が薄らいでいる
  • 会社の目指す方向性や戦略が共有化されていない
  • 「自分たちらしさ」がわからなくなっていて、何を目指したらよいのかわからない
  • 経営層と社員の間に意識の乖離がある
  • コミュニケーション不足で、聞きたいことがあっても聞きにくい雰囲気がある
  • 立場や部門の違いが、そのまま壁になっており、向こう側で起きたことが見えなくなっている
  • 自分から何かを提案したり、積極的に周りに働きかけることがしずらくなっている
  • 改善したいことはたくさんあるのに、関係者と協力し合うことができないでいる
  • 異なる背景や文化を持った人たちが、互いに理解し合えないでいる

OSTのアプローチの特徴

  • 大まかなテーマを提示するだけで、詳細なアジェンダは参加者が提示します(アジェンダの透明性が高い)
  • 参加人数や対象者を限定しません
  • 開催までの準備にあまり時間がかかりません
  • 参加者を招待するために強制感がありません
  • 1日で議事録とアクションプランを生み出すことができます
  • AIやフューチャーサーチなど、他の組織変革手法と組み合わせて使用することができます
  • 参加人数が多くても、全員が輪になれるスペースさえあれば、ファシリテーター1人と数人のサポートで実施することができます
  • 参加メンバーの主体性を尊重する自己組織化のプロセスを取ります(「4つの原則」と「主体的移動の法則」)
  • 組織が安定している状態よりも、危機的な状態の際にOSTはより効果を発揮します

お問い合わせ

自組織でのOSTの展開・活用の可能性などをご検討されたい方は、お気軽にご一報ください。お問い合わせはこちら

関連資料

タイトル:[オープン・スペース・テクノロジー ~5人から1000人が輪になって考えるファシリテーション~]
著者:ハリソン・オーエン
翻訳者:株式会社ヒューマンバリュー
価格:2,940円(税込み)
出版社:株式会社ヒューマンバリュー
▼詳細はこちら「出版案内」よりご覧ください

page top
ocapi
組織変革フォーラム2015