ポジティブ・アプローチ

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)

新サイト公開のため、このサイトは更新を停止いたしました。新しいサイトはこちら

イベント・セミナー

  • AIを実際に試みたが、今ひとつ効果が出ないとお考えの方、AIを今後展開していきたいと思う方を対象とした実践コースを開催しています。AIの理論やテクニックを演習を通して理解し、コースの中で、ご自身でAIを活用したプログラムを作成して頂くことができます。
    ▼詳細はこちら。

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)とは

AIの提唱者

アプリシエイティブ・インクワイアリーは、米国ケース・ウエスタン・リザーブ大学(Case Western Reserve University)のデービッド・クーパーライダー教授(David L.Cooperrider)、タオス・インスティチュート(Taos Institute)のダイアナ・ホイットニー氏(Diana Whitney)らにより、1987年に提唱された「組織の真価を肯定的な質問によって発見し、可能性を拡張させるプロセス」です。

AIの定義

AIとは、問いや探求(インクワイアリー)により、個人の価値や強み、組織全体の真価を発見し認め(アプリシエイティブ)、それらの価値の可能性を最大限に活かした、最も効果的で能力を高く発揮する仕組みを生み出すプロセスです。

AIが求められる背景

環境の変化が激しく、複雑性が増す中で、組織が成長に向けて変革していくには、組織を機械として捉えるアプローチ方法では、対応が難しくなってきました。最近では、組織を生体として捉える「Living Company」「企業DNA」という考え方に代表されるアプローチが注目されています。生体的な組織は、本来環境の変化に合わせて自律的に問題解決を図り、自らの方向性を生み出す力を持っています。最新のマネジメントでは、こういった自己組織化をもっとも効果的に行うための場やプロセスのあり方を提供しています。

AIでは、


  • 質問を通して、強みや希望、ポジティブな習慣、理想のストーリー、情熱や夢などを共有することで、組織の新しい文化を作り出します。

  • 自分たちの潜在的なポテンシャルを探求することで、変化へ向かう肯定的なパワーを生み出します。

  • 参加者の視座が高まることで、全体性を認識できるようになります。

  • より人々をひきつける、組織と未来への共有イメージを生み出し、全員がコミットした持続的な成長プランを作り出します。

ポジティブ・アプローチ

ポジティブアプローチ

ダイアナ・ホイットニー氏は、ポジティブ・サイコロジー(ポジティブ心理学)の「肯定的な思考がモチベーションとエネルギーを高め、より良い結果を生み出す(マーティン・セリグマンMartin E.P. Seligman等)」といった考えに基づいた、「ポジティブ・アプローチ」を提唱しています。ポジティブ・アプローチは、従来のような組織の欠陥や弱みに注目し、それを解決する問題解決的なアプローチとは異なり、強みや可能性などのポジティブな面に注目します。それによって否定的・消極的・固定的な枠組みが外されるため、単なる改善にとどまらず組織全体がコミットする多くの可能性を包含した戦略・計画を生み出すことができます。

AIの4Dプロセス

Discovery
個人と組織の本当の強みや価値を発見する
人や組織が潜在的にもっている真価についてのインタビューを行う
人や組織が最もよい状態の時に、何が生命を吹き込んでいるかについて、探求する

Dream
変革に向けて、組織の最高の可能性を自由に想像する
Discoveryのインタビューを通して見つけたストーリーを聞き、組織が最も活かされている未来を描く

Design
達成したい状態を共有し、記述する
より良い未来や目的などに向かって可能性を最大限に活かした組織の姿をデザインする

Destiny
達成に向けて、持続的に取り組む
実際のアクションプランへと導く

AIの4Dプロセス

AIの8つの原理

AIの8つの原理

出典:Diana Whitney, Amanda Trosten-Bloom,“The Power of Appreciative Inquiry: A practical Guide to Positive Change”; BARRET-KOEHLER PUBLISHRS, Inc.2003,p.54

AIの展開プロセス種類

AIの展開プロセス

出典:Diana Whitney, Amanda Trosten-Bloom, ”The Power of Appreciative Inquiry: A practical Guide to Positive Change”; BARRET-KOEHLER PUBLISHRS, Inc.2003, p.32

AIの導入展開プロセス例

AIの導入展開プロセス例

AIの実践事例

BP Pro Care社の事例

顧客満足度の低い自動車修理事業の業界において、BP Pro Care社は、顧客満足度79%と非常に高いレベルを保持していた。しかし経営陣はこの現状に満足せず、更に高い顧客満足度を目指し、「不満足顧客」を対象にした調査を実施した。調査結果から、欠点や問題が浮き彫りになったが、責任の擦り合いが社員の間で始まり、社員のモラルとモチベーションが低下を引き起こしてしまった。そこで、AIを導入し、今度は満足している顧客と顧客満足度が高い店舗を対象に、「なぜ満足度が高いのか」というヒアリングを行った。調べてみると単純なことで、例えば、担当整備士と直接話すことができること、進捗を報告すること、電話を1回目の呼び出しで取ること、車を洗うことなど、些細なことが挙がった。8ヵ月後、BP ProCare社の顧客満足度は、この取り組みの前を上回る95%へと上昇した。

マクドナルド

米国マクドナルドでは、毎年「本当に実現したいことは何か」のテーマを変えてAIサミットを開催している。

  • HRミッドウェストグループ:「世界一の戦略的ビジネスパートナーへ 」 (1999)
  • リーダーシップシンポジウム2000:グローバルなスタッフィングと人材保持
  • シカゴリジョン:我々の戦略的競争優位性を定義する(2001)
  • サービスセンター:卓越したチームビルディング! (2003)
  • HRコンサルティンググループ:パーフェクトなアラインメント~HRがラインをサポートする~(2004)

米国海軍

2001年秋に実施された「リーダーシップサミット」を皮切りに、人材について抱えている問題に対してAIサミットを計9回実施。外部のステークホルダーも含めた様々な層を対象に行われた。

NOKIA

2000年からAIへの取り組みを行っている。4DのフレームにDefinitionの1Dを加えたAIサミットを実施。現在では、フィンランドの本社だけではなく、米国への展開を行っている。

AIの世界的ネットワーク

AI関連図書

  • Advances in Appreciative Inquiry: Constructive Discourse and Human Organization
    - Editor: David Cooperrider , Michel Avital
    - Elsevier Publishing,Copyright 2004
  • Power of Appreciative Inquiry
    - Editor: Diana Whitney, Amanda Trosten-Bloom
    - Berrett-Koehler Publishers, Inc. (2002)
  • Appreciative Inquiry: A Positive Revolution in Change
    - David L. Cooperrider, Diana Whitney
    - Berrett-Koehler Publishers, Inc. (2005)
  • The Appreciative Inquiry Summit
    - James D. Ludema, Diana Whitney, Bernard J. Mohr, Thomas J. Griffin
    - Berrett-Koehler Publishers, Inc. (2003)
  • Appreciative Team Building
    - Diana Whitney, Amanda Trosten-Bloom, Jay Cherney, Ron Fry
    - iUniverse, Inc. (2005),
  • Appreciative Inquiry Handbook
    - David L. Cooperrider, Diana Whitney, Jacqueline Stavros
    - Crown Publishing, Inc. (2003)
  • Appreciative Inquiry and Organizational Transformation: Reports from the Field
    - Edited by Ronald Fry, Diana Whitney, Jane Seiling, Frank Barrett
    - Quorum Books (2002)
  • Appreciative Inquiry: An Emerging Direction for Organization Development
    - David L. Cooperrider, Peter F. Sorensen, Therese Yaeger, Diana Whitney
    - Stipes Publishing, LLC (2001)
  • Positive Approaches to Peace Building
    - Cynthia Sampson, Mohammed Abu-Nimer, Claudia Liebler, Diana Whitney
    - Pact Publications (2003)
  • The Encyclopedia of Positive Questions, Volume One
    - Diana L. Whitney, David L. Cooperrider, Brian S. Kaplin, Amanda
    Trosten-Bloom, Diana Whitney, et al David Cooperrider
    - Lakeshore Communications (2001)
  • The Appreciative Organization
    - Taos Institute Publication

AIインタビューの質問事例

・ハイ・ポイント・インタビュー
今まであなたが経験した仕事について振り返ってみてください。仕事をすることへの意義や重要性、意味を見出したりしたときはありましたか?それがどのようなものであったか思い出してみてください。そのとき、あなたは、あなた自身の中にどのような可能性や強み、才能を発見しましたか?それはどのようなものだったでしょうか。そして、あなたにそのような想いを引き起させた環境や状況はどのようなものでしたか?背景や人々、そのときのあなたの想いをストーリーとしてお話し下さい。

・未来についてのインタビュー
今から10年後をイメージしてみてください。あなたの組織は、コミュニケーションマーケットをリードする、先進的な会社へとイノベーションを行いました。 そのイノベーションはどのような変化を引き起こしましたか。またどのような価値を社会に提供しているのでしょうか。具体的なストーリーとしてお話し下さい。

AIインタビューの質問例

出典: Diana Whitney, James D. Ludema, Bernard J. Mohr & Thomas J. Griffin, “THE APPRECIATIVE INQUIRY SUMMIT: A Practitioner’s Guide for Leading Large-Group Change”; BARRET-KOEHLER PUBLISHRS, Inc.2003, p.61

Copyright(c) 2006 HUMAN VALUE. All Right Reserved.
※本資料の著作権は、ダイアナ・ホイットニー氏、またはヒューマンバリューに帰属しています。無断複製転用をご遠慮下さい。

ページトップへ