ホームSTORIES

STORIES

セールス・パフォーマンス向上のための新しい取り組み(金融系サービス会社C社の取り組み)

金融系サービスC社では、従来の商品知識偏重型の営業スタイルから、お客様にフォーカスしたコンサルティングセールスへの転換を考えていた。自分たちの実現したい状態や大切にしたいフィロソフィーの探求を行うとともに、コンサルティングセールスを実践し客様に価値を提供する自分たちのミッションを明らかにした。各自が学び続ける学習する組織づくりを基盤とすることで、継続的な成果の創出を可能にした。さらには、セールスパ...

評価制度の運用向上によるマネジメントの変革(通信関連企業B社の取り組み)

通信関連企業B社では、そつなく仕事をこなすという従来の仕事の仕方、マネジメントの仕方から、自ら主体的に価値を生み出す仕事の仕方、マネジメントのあり方への変革に向けて、ヒューマンバリューを協働パートナーとして人事評価制度の改革に着手することになった。

みんなの想いが込められた総合計画の策定(松戸市総合計画)

松戸市では、市の後期基本計画策定のあり方を変革し、できるだけ多くの市民、職員が参画する「ホールシステム・アプローチ」型の計画づくりに取り組んだ。職員一人ひとりの想いを聴くリレー・インタビュー、市民と行政の垣根を越えて松戸の未来を探求する市民フォーラムなど、対話型組織開発の手法を活かした様々な場づくりを進めた。多くの人の未来への想いを込めた計画が生み出されるとともに、その後も関わった人々の主体的な取...

シブヤ大学の取り組み「原宿表参道で働く人、100人集まれ!」

ヒューマンバリューが「原宿表参道で働く人、100人集まれ!」のワールド・カフェをサポートしました。2010年2月21日(日)、シブヤ大学の原宿表参道キャンパスが主催する授業「原宿表参道で働く人、100人集まれ!」が明治神宮の参集殿で開催されました。原宿表参道エリアでボランティアをされている方、会社に勤めている方、お店を経営されている方、学校に通われている方など、様々な年齢・経験・分野から約100名...

21世紀ミュージアム・サミット~100人で語る美術館の未来~(ワールドカフェ)

2010年2月27日(土)~28日(日)の2日間に渡って、「第4回21世紀ミュージアム・サミット~100人で語る美術館の未来~」が湘南国際村センターで開催されました。サミットには、美術館関係者、美術史学、認知心理学、文化経済・政策学など異なる分野の学者、動物園や水族館、科学博物館の専門家、行政機関や教育機関の担当者、メディアなど様々な分野から100人を超える人々が参加しました。

1 1 2 3