ホームWho we areメンバー紹介加藤 健志郎

加藤 健志郎

プロセス・ガーデナー

加藤 健志郎 Kenshiro Kato

 愛知大学経営学部を卒業後、株式会社竹中工務店に入社。プロジェクトマネジメント職として、複数のプロジェクトにおける損益管理・人事・営業等を総括する。その後、地方におけるビジネスプロデュースを手掛けるベンチャー企業に入社し、自治体や民間の地域活動のブランディングやマーケティング、コミュニティオーガナイジングを担当。
 大手企業とベンチャー企業の経験から、人が望む生き方を実現し続けるためには、「ビジネスが、地球環境や人類にとって持続可能であること」と「社会で生きる人々の多様性を認め合い、共生し合う文化を形成すること」が必要だと感じる。人や組織の可能性を信じ、未来をひらく今に寄り添いたいと、ヒューマンバリューに入社。
 誰もが心から望む自分の「よき人生」を生き、組織の中で共創していけるための文化醸成の支援に注力している。ヒエラルキーに関係なく、人の多様性が尊重され接縁することで生まれる、豊かさや新たな価値の実現を目指している。

 私のビジョンは、「美しい地球環境を先々の世代まで遺すこと」「誰もが自分の生に喜びを感じ、人と繋がり合う社会」を実現することです。
 趣味のサーフィンやバックパックで国内外を旅している経験から、“いま”私たちが感じている美しい地球を、我々の先々の世代に遺していきたいと願っています。日常の中で、生態系を感じながら人や自然が生かし合う“あり方”を日々探求している一貫で、オルタナティブ教育分野の探求や、エディブルスクールヤード(食育菜園教育)の活動支援をしています。