ホームキーワード組織変革プロセス・ファシリテーター養成コース

キーワード

組織変革プロセス・ファシリテーター養成コース

本コースは、人々の主体性と創造性と情熱を解放し、自己組織化を育む組織変革プロセスファシリテーターとしてのあり方や世界観、思考方法を、深い内省と相互作用を通して探求するアドバンスコースです。

組織変革プロセス・ファシリテーター養成コースの概要

本コースが扱う内容

より深い内省とインタラクション(相互作用)を通して探求を深める本コースが扱う内容は、以下の通りです。

 ・組織変革を推進するプロセスファシリテーターとしてのあり方、世界観、思考方法を理解する
 ・根本的で長期的な解決策と、短期的な解決策を同時に推進するためのシステム的なアプローチを理解する
 ・組織変革プロセスを小さなプロジェクトからより大きなシステムに拡張していく方法を理解する
 ・今後の実践を通して自分自身をどのように磨き上げていくかの道筋を描く

プログラムイメージ

1日目

組織変革とは、予めデザインしたプロセス通りに推進していくものではなく、最初は考えも及ばないデザインを生み出し続けながらプロセスをリデザインし廻していくプロセスです。そのためにはシステムである取り組みの 3つの拡張プロセスを理解し、関与する人々が自ら阻害する要因を取り除くことが必要です。

◆オープニング・セッション

◆組織変革とは何か?
 ・組織変革とは
 ・組織変革と自己組織化
 ・組織変革と U セオリー
 ・組織変革とポジティブアプローチ

◆組織変革を実現に導く思考方法=システムシンキング
 ・組織変革をシステムシンキングで捉えると
 ・変革は一人から始められる(組織変革に必須の拡張プロセス)
 ・組織変革にブレーキをかける平衡プロセス
 ・組織変革を推進するために理解が不可欠なシステム原型
 ・視座を高め続け、進化し続ける

2日目

組織変革には、コンテンツのコントロール、プロセスのコントロール、そしてフィールド(場・スペース)のコントロールがあります。取り組みを推進する際に知識不足に陥らず中身のクオリティを高めるようなコーチングなどのツールを入れ込みながら、クオリティを高めるコントロールをし、エキスパートモデルではなく人々が自ら高められるようにサポートします。また、 MIT のダニエル・キム氏が提唱している4つの質のシステムをフラクタルに長期的・短期的に扱う必要があるため、もっとも重要になるフィールドのコントロールを理解し、変革のプロセスファシリテーターとしてのあり方を考えます。

◆クライアントに対する変革ファシリテーターのあり方
 ・クライアントは、最初は組織変革が直接的な目的ではない
 ・変革ファシリテーターの自己マスタリー
 ・ビジョンの創出・探究し続け、昇華しつづける
 ・現実の見方、自分がコントロールできることにフォーカス
 ・ファシリテーターがコントロールできることは何か?
 ・変革ファシリテーターの思考パターンと行動パターン

3日目

ファシリテーターとして、クライアントに「変革が推進していることを認知してもらう」というサポートのポイントや先行指標・遅行指標などについて理解します。

◆クライアントとの協働プロセス・アプローチ
 ・クライアントとのシェアドビジョン
 ・ミーティングプロセスの基本原則
 ・チェックイン・状況共有・ダイアログ......

◆組織変革ファシリテーションでは何をマネジメントするのか?
 ・人々の認知・関心
 ・支援(知識)不足に陥らせない

◆「変革が推進していること」をどう証明していくか?
 ・先行指標・遅行指標
 ・認知の変化・推移をサーベイする

◆クロージング・セッション

組織変革プロセス・ファシリテーター養成コース過去参加者の内訳

組織変革プロセス・ファシリテーター養成コースにこれまで参加くださった方たち(2008年〜2021年:145人)の内訳です。企業内プラクティショナーやコンサルタント、学校関係の方など、多様な方たちが学び合い、実践に向けた探究を行っています。

受講者の声

セッションの約1週間後に実施したフォローアンケートより一部引用(2021年)

1週間ほど経ったいま、共に取り組んだ組織変革プロセスファシリテーター養成コースを思い返してみてください。一言で言うとしたら、それは自分自身にとってどんな体験だったと言えるでしょうか? そう感じたきっかけや要因には、どんなことがありましたでしょうか。

一言で言うと、・・・未来を垣間見た時間でした。こんな風な生き方や働き方がしたいなというイメージが3日間でぐっと深まりました。講義やダイアログでのやり取りや事例などをインプットして、自分の中で深めることで、ああそうそうこういうことがやりたかった、という気づきがたくさん訪れました。

一言で言うと、自分の人生の角度が、少しだけ変わるきっかけになった体験。直感的に思っていたことが、可視的に説明できそうなことが分かった。例えば、WILL,MUST,CANの関係について、直感的に、MUSTと重ならない純粋なWILLが大切だと感じていたが、取り組みは最初は、インフォーマルに始まると、つながった。

一言で言うと、「意味の再認識」。職場でいろいろな課題が持ち上がるが、そもそもの意義や意味を忘れて手段・手法レベルの問題に埋没していることがいかに多いかを実感するようになった。また、システム図で自らの拡張プロセスの目的変数を描く過程で、自分の価値意義・意味も再認識できた。

組織変革プロセスファシリテーター養成コースに参加する前と後では、何か変化はありましたでしょうか? それは自分自身の内側の変化かもしれません。また、 誰かの言葉を聴いたときの自分の感じ方の違いかもしれません。もしかしたら、自分の想いや大事にしていることに違いが生まれたかも しれませんし、具体的な自分自身の言動や人々とのかかわり合いかもしれません。ささいな変化でも結構ですので、教えていただけますでしょうか。

自分の内面に変化が起きたように思います。それまではぼんやりとしたイメージしかなかった組織変革というものが、具体的にどんなプロセスで進んでいくのか?各プロセスをどのような点に留意して進めていくと良いか、などへのイメージが深まりました。また、認知を丁寧に扱っていくことの重要性とインパクトも自分の中に深く刻み込まれました。

・「この人はなんでこれができないんだろう」から、「この人の行動を阻害している要因は何だろう」と考えるようになった。
・やりたいことをどんどん思いつくようになった。

以前より、組織開発に関して受ける相談に対して、前向きになった気がする。実際に、複数の部署からの相談に対し、全く先方の状況が見えていない段階から、関わってみたいという意欲が沸き、相談に対応を始めている。

すべてのプラクティショナー養成コースを見る