ホームWHAT WE DOエンゲージメント向上支援

エンゲージメント向上支援

エンゲージメントの向上

働く一人ひとりが主体性・創造性・情熱をもとに仕事に取り組むことの重要性が高まる今、個人と組織の関係を表す「エンゲージメント」への注目度が、かつてないほど高まっています。エンゲージメントの高い組織では、会話量が多く、協力や新しい挑戦を生み出しやすい文化が育まれ、業績も高いことが明らかになっており、多くの企業において、エンゲージメントを高めるための取り組みが行われています。

エンゲージメント・サーベイの活用

ヒューマンバリューでは、エンゲージメントの状態を調査し、エンゲージメント、働きがい、やりがいを向上するためのツールとして、エンゲージメント・サーベイを2004年に開発しました。
エンゲージメント・サーベイの回答者数は、延べ4万人に達しています。エンゲージメント・サーベイは、導入したそれぞれの組織で、組織を活性化させるための従業員による話し合いの素材として活用されたり、組織の戦略を策定する際に、毎年自分たちの取り組みを振り返り、未来に向けたビジョンをつくるためのデータとして活用されています。
また、十数年にわたって企業のエンゲージメントの向上に役立ててきた本サーベイを時代の変化に合わせてアップデートできるよう、現在、検討を進めています。

チームの状態を可視化しアクションを生み出すWEBアプリ:Ocapi

ヒューマンバリューでは、組織変革プロセス指標「Ocapi」を用いてチームの状態を可視化し、対話によって、チームの活性化や、自律的な組織変革のサポートを行っています。

エンプロイー・エクスペリエンスを高める

近年、企業の人事をHRから「エンプロイー・エクスペリエンス」と呼ぶ傾向が高まっています。ヒューマンバリューは、社員一人ひとりを中心に置いた「エンプロイー・センタード」に基づいた人事の革新を多面的にサポートしています

インクルージョン&ダイバーシティ

近年、「ダイバーシティ」や「インクルージョン」に取り組み、多様な人々が働きやすくなるような制度や仕組みの整備を進める企業が増えています。ヒューマンバリューでは、制度や仕組みの整備や活用だけにとどまらず、一人ひとりがさらに自分らしく、最大限に力を発揮し合えるような組織風土を育んでいくことを支援しています。

多様な働き方の実現

少子高齢化に伴う労働力の減少、雇用形態の多様化等を背景に、さまざまな価値観をもっていたり、多様な状況にある人々が、お互いの価値観を受け入れ、活かし合いながら、互いに力を発揮できる組織づくりが必要とされています。そうした組織を実現するために、近年、さまざまな制度やインフラの整備なども進んできています。

しかし、制度やインフラの整備だけでは、人々は有効にそれらを活用することができず、互いの力を活かしきることができないという現状に直面することもあるのではないでしょうか。

ヒューマンバリューでは、「多様な働き方の実現:多様な人々が自分らしさを発揮し合うことで、持続的に成長できる組織」を実現するために、状況が変化する中で、働く一人ひとりが意識を柔軟に変化させる力や、新しい関係性を構築する力を育むことが大切だと考えています。