ホームキーワードOSTプラクティショナー養成コース

キーワード

OSTプラクティショナー養成コース

本コースでは、人々のコミットメントを解き放ち、主体的な話し合いで問題解決を促すOSTの背景にある哲学や理論、テクニックを体験しながら、ファシリテーションやプロセスデザインのコツを探求します。

OSTプラクティショナー養成コース概要

オープン・スペース・テクノロジー(Open Space Technology:以下、OST)は、ハリソン・オーエン氏があるオフサイトセッションを終えた時、「休憩時間や夜にいろいろ話せたのが良かった」という参加者の声を耳にした時のインスピレーションがきっかけとなり誕生しました。
彼は、半年もの時間をかけてセッションの準備をしたにもかかわらず、実はそのセッションの場よりも、自由で解放された場での会話や話し合いのほうが参加者にとって発見や価値があったということに気づき、これをすべての場に持ち込めないかという想いからOSTが開発されました。

OSTを「テーマ出しを自分たちでやる話し合い」と捉えている方がいますが、本当のOSTはそれだけの理解では十分ではありません。OSTのパワフルさが発揮され、組織や人々に変革が生まれるには、意味や認知のトランジションが必要です。
OSTの本質は、 "本来、自分は主体的な存在なのだ"ということを一人ひとりが自覚し、その自覚から"自分が選択して生きるのだ"という力を呼び覚ますことができることです。
OSTの中では、すべてが一人ひとりの個人の主体的な選択によって行われますので、自然に、今の状況に対してどう選択して生きるかの責任と情熱について自己に問いかけるようになるのです。

またOSTは、「時間とスペースの創造」と言い換えることができます。創造される時間とスペースは、まったくの個人に委ねられるため、そこにはトピックや時間の流れ、深さなど複数の異なる性質による時間やスペースが生成されます。それらは、個人のユニークなアイデンティティーを生み出し、同時にアイデンティティーを覚醒する空間となるのです。
そして、衝突が起き、混乱があり、カオスの状態であったとしても、それを許す「オープン」な場であるオープン・スペースは、自己組織化が起こる最低条件である「安全な場所」の提供でもあるのです。

OSTプラクティショナー養成コースは、OSTを試みたが、今ひとつ効果が出ないとお考えの方、OSTを今後展開していきたいと思う方を対象とした実践コースです。
本コースでは、OSTの本質を顕わすことのできるプロセスと場づくり、場のホールド、ファシリテーションの方法、ファシリテーターのあり方を体験的に理解し、自分らしいOSTをデザインし、応用できるようになります。また、現場で実践していただいた上で、リフレクションを行います。
また、サーティフィケイト(修了認定)された受講者に提供されるスライド等のデータをご自身で活用し、ファシリテーションできるようになります。
加えて、プラクティショナー同士のネットワークにご参加いただき、相互に継続的な交流を行っていくことができます。

プログラムイメージ

1日目

◆OSTの背景/理論の概要
 ・自己組織化
 ・OSTの構造
 ・OSTの適用と効果・事例

◆OSTの準備・プランニング
 ・デザインチームの活動
 ・デザインチームの共有ビジョン創出とシナリオプランニング
 ・関係者(参加者)のレディネスを高めるプロセスデザイン
 ・招待状&ポスターの作成
 ・オープニングセッションのデザイン
 ・テーマ別セッションのデザイン
 ・全体セッションのデザイン
 ・招待状&ポスターの作成

◆OSTの場づくり
 ・会場選定・レイアウト
 ・必要資材
 ・参加者のレディネスを高める当日のデザイン

2日目

◆OST当日の進め方
 ・オープニングセッションのあり方
 ・テーマ別セッションのあり方
 ・ファシリテーターのBe
 ・「場をオープンにする」ためのポイント
 ・オープニングセッションのインストラクション
 ・オープニングのリハーサル
 ・OSTの議事録の作成方法
 ・全体セッションのあり方
 ・OSTクロージングのポイント

◆OST後フォローのあり方
 ・コアチームのフォロー
 ・全体へのフォロー

◆OSTの応用事例の共有と探究
 ・OSTのフィロソフィーと原理を適応したさまざまな応用事例
 ・実践の場の検討と探究

◆クロージング

OSTプラクティショナー養成コース過去参加者の内訳

OSTプラクティショナー養成コースにこれまで参加くださった方たち(2008年〜2021年:80人)の内訳です。企業内プラクティショナーやコンサルタント、学校関係の方など、多様な方たちが学び合い、実践に向けた探究を行っています。

受講者の声

セッションの約1週間後に実施したフォローアンケートより一部引用(2021年)

1週間ほど経ったいま、共に取り組んだOSTプラクティショナー養成コースを思い返してみてください。一言で言うとしたら、それは自分自身にとってどんな体験だったと言えるでしょうか? そう感じたきっかけや要因には、どんなことがありましたでしょうか。

OSTについて学べる機会であったことに加えて、自身の働き方やお客様に対する提案の仕方そのものを見直すきっかけになりました。そう感じたきっかけや要因は、「情報の欠落」をはじめ、参加者自身が主体性を発揮するための仕組みや必要性について学んだためです。

1年半ぶりのリアル講座に参加し、人と人との繋がりのエネルギーを改めて感じることができました。
人が集まり、考え、話し、内省することで、葛藤や感謝の気持ちが生まれ、笑顔になりました。
そのエネルギーが、とても尊いものだと感じました。その中で、「ここで起こることはすべてに意味がある。そして、何が起こってもいい」という安心感を感じたことが、自分にとって印象的でした。

OSTプラクティショナー養成コースに参加する前と後では、何か変化はありましたでしょうか? それは自分自身の内側の変化かもしれません。また、誰かの言葉を聴いたときの自分の感じ方の違いかもしれません。もしかしたら、自分の想いや大事にしていることに違いが生まれたかもしれませんし、具体的な自分自身の言動や人々とのかかわり合いかもしれません。ささいな変化でも結構ですので、教えていただけますでしょうか。

確かな変化がありました。現在サポートしている企業の管理職の方々ひとりひとりのお顔とその表情が、何度も何度も思い浮かびました。その方々は、真摯に、誠実に職務を遂行していますが、組織をまとめる上で、ご苦労されていらっしゃいます。OSTを実施することで、その方々の表情が、次第にメンバーとともに笑顔になっていくプロセスが、何度も何度もイメージでき、それが私自身のエネルギーになっていきました。

研修やワークセッションの場の見え方が変わり、参加者を信じて構成するようになりました。Zoomのブレイクアウトルームに入る時なども、自分の行動や発言が参加者にどういう認知を与えるかを、今まで以上に意識するようになりました。営業の方に対し、「あなたはどう思う?」と以前よりも自分から意見やフィードバックを求めるようになりました。

すべてのプラクティショナー養成コースを見る