ホームWHAT WE DOリサーチカンファレンスレポート

カンファレンスレポート

ヒューマンバリューは、1992年からATD(旧ASTD)国際会議へ視察ツアーを派遣するなど、海外の様々なカンファレンスに参加しています。ここでは、1998年からの参加報告レポートが閲覧できます。人材開発・組織開発に関して過去にどのような議論があったのかをご覧いただけます。

2018.06.04 組織変革フォーラムレポート

組織開発の新たな地平 ~診断・介入による変革から、社員自ら推進する自律的な変革へ~ 【HRカンファレンス2018-春-】

組織開発が注目を浴びる今日、第三者によって診断・介入する旧来的なアプローチで、変革が頓挫したという話は少なくありません。あらゆる社員のグロース・マインドセットを育み、エンゲージメントを高めていくためには、現場の社員が自ら推進する「自律的アプローチ」が必要です。

2018.05.11 ATD(The Association for Talent Development)

ATD2018カンファレンス・レポート(2018/05/11)

2018年のATDインターナショナルカンファレンス&エキスポは、5月6日(日)~5月9日(水)の日程で、米国カリフォルニア州サンディエゴのサンディエゴ・コンベンション・センターにて開催されました。

2018.04.12 ATD(The Association for Talent Development)

ATD2018事前レポート

ATD2018 International Conference & EXPOが、2018年5月6日~9日に米国カリフォルニア州にて開催されます。本レポートでは、ATD2018公式ホームページに掲載されている内容を参考に、今年のカンファレンスではどのようなことがテーマになるのか、どのような人が講演を行うのかといった見どころを紹介していきたいと思います。

2017.07.14 パフォーマンス・マネジメント革新

Performance Management Summit 2017

2017/06/14に、米国カリフォルニア州サンタクララにて、「パフォーマンス・マネジメント・サミット2017」が開催されました。本サミットは、脳科学の知見を活かしたリーダーシップ開発の研究と実践に取り組んでいるニューロリーダーシップ・インスティチュート(以下、NLI)主催の下で行われ、131の組織から約200名が参加しました。参加者の多くは、企業で実際にパフォーマンス・マネジメントの変革に取り組んでいる実践家の方たちで、マイクロソフト、GE、アドビ、シスコ、IBM、Ebay、Linked-in、ダウ・ケミカル、テスラ、パタゴニアをはじめとした多様な企業で構成されています。 本サミットでは、こうした実践家たち同士の議論を通して、パフォーマンス・マネジメントの変革に関する最新の傾向や多くのインサイトが見受けられました。以下に参加レポートとしてその概要を紹介させていただきます。

2017.06.16 パフォーマンス・マネジメント革新

HCI PM Innovation Conference 2017

2017/5/16~17の2日間、全米第三の都市シカゴで開催されたカンファレンスでは、パフォーマンス・マネジメントの新しい潮流を加速させるという一貫したメッセージが強く印象づけられるものでした。ほぼすべてのキーノートセッションで、21世紀のビジネス環境において、伝統的な期初の目標設定と期末の評価/段階付けおよび従業員を相対評価のカーブに当てはめた順位付けが機能しないことが繰り返し語られました。控えめに言っても新しいパフォーマンス・マネジメントは、これまでの伝統的な方法と比べてうまく機能しているとシスコ社やGAP社をはじめ登壇した各企業の担当者が強調しました。 そこで本レポートの前段では、このカンファレンスで強くメッセージされていた伝統的なパフォーマンス・マネジメントが機能しない理由を、「伝統的なパフォーマンス・マネジメントが及ぼす心理的な要因」と「21世紀の環境変化による新たな不具合」に分けて整理してみようと思います。

2017.06.02 ATD(The Association for Talent Development)

ATD2017概要

2017年のATDインターナショナルカンファレンス&エキスポは、5月21日(日)~5月24日(水)の日程で、米国ジョージア州アトランタのジョージア・ワールド・コングレスセンターにて開催されました。

2017.04.20 ATD(The Association for Talent Development)

ATD2017事前レポート

ATD2017 International Conference & EXPOが、2017年5月21日~24日に米国ジョージア州にて開催されます。このカンファレンスは、Workplace Learning & Performance(職場における学習とパフォーマンスの向上)に関する世界最大の会員制組織であるATDが、毎年開催しているものです。本レポートでは、ATD2017公式ホームページに掲載されている内容を参考に、今年のカンファレンスではどのようなことがテーマになるのか、どのような人が講演を行うのかといった見どころを紹介していきたいと思います。

2017.03.02 パフォーマンス・マネジメント革新

Performance Management Summit 2016

2016年12月13~14日の2日間、ニューヨークでPerformance Management Summit(主催:The Conference Board)が開催されました。参加した株式会社ヒューマンバリューの霜山・三宅が、以下にその様子をレポートします。

2016.12.07 組織変革フォーラムレポート

組織変革フォーラム2016 開催報告

いま、世界はVUCAの時代と呼ばれています。ますます不安定(Volatility)で、不確実(Uncertainty)で、複雑(Complexity)で、曖昧(Ambiguity)さが増し、その状況が常態化している今日では、組織のカルチャー(文化=人々の思考様式や行動様式)を自ら変容し続け、サスティナブルな経営・価値創造を行っていくことが、ますます求められているのかもしれません。 こうした背景を受けて、ヒューマンバリューでは、2014年より、組織変革フォーラムを開催してきました。2014年のテーマは、「組織変革の哲学・あり方の探求」。翌年2015年のテーマは、「組織変革の障害や困難を乗り越える」でした。そして今年は、「継続する組織変革」をテーマとして、12月1日(木)に虎ノ門ヒルズフォーラムにおいて、組織変革フォーラム2016を開催いたしました。

2016.11.12 パフォーマンス・マネジメント革新

NeuroLeadership Summit 2016

近年、パフォーマンス・マネジメントの変革が進んだ背景には、脳科学(ニューロサイエンス)が進化し、グロース・マインドセットやSCARFモデルのような考え方が、企業経営に取り入れられたことが大きく影響しているといえます。 本レポートで紹介する、NeuroLeadership Summitは、脳科学の知見を適用したリーダーシップ開発の実現を目指した研究機関&コンサルティング・ファームである、NeuroLeadership Institute(以下、NLI)が主催し、ニューロサイエンスに関する最新のテーマや知見、実践事例について、企業や大学、コンサルタントらが、垣根を越えて探求する場となっています。 サミットで見受けられた傾向やインサイトについて、代表的なセッションの内容と併せて紹介いたします。

1 2 3 7