ホームWHAT WE DOリサーチ研究会の記録Eラーニング研究会

E-Learning研究会

Eラーニング研究会

新たなステージへとEラーニングの議論が着実に進む中で、その変化の波を捉えるため、ヒューマンバリューでは、Eラーニングに取り組むHRD担当者やEラーニングソリューション提供者と共に、「Eラーニング研究会」を3週間に1回開催しています。本研究会では、Eラーニングに取り組む上で抱える様々な問題や、欧米における最新動向などを、企業の枠を超えて協働で研究し、Eラーニングに対する理解を深め、組織での実践に活かせるアイデア創造に取り組んでいます。

関連するキーワード

Eラーニングという言葉が1999年に登場して以来、その取り組みは急速に進展し、日本においても既にさまざまな企業でEラーニングの導入が進みつつあります。

しかし実践が進むにつれ、Eラーニングの成功には、いくつかの重要な検討要素があることも明らかになってきました。例えば、Eラーニングは、ただシステムを導入したのみでは、成功することは難しく、学習のモチベーションと継続性を高めるコンテンツをいかに提供していくかが1つのポイントとなります。そして、そのようなコンテンツを作成するには、従来の知識を伝授するのみの客観主義的なものだけでなく、自らの気づきや、他者との相互作用を通して学ぶ構成主義、社会的構成主義的な考えも検討していく必要があると言えます。そういった学習理論やインストラクショナル・デザインをどうEラーニングの中に組み込むか、あるいはそれらを組み合わせた最適なブレンデッド・ラーニングの形態はどのようなものか、といったことが重要なテーマとなってきています。

また、Eラーニングを支えるテクノロジーにおいても、進化が見られています。受講者の学習進捗管理を主な目的としたこれまでのLMSに加え、複数の人間がコンテンツの開発に関わるプラットフォームを提供し、より効率的にコンテンツの生成・管理を行う、LCMSも日本に導入され始めました。これらのシステムに加えて、ナレッジ・マネジメント・システム、EPSSといった他システムとEラーニングを統合し、学習者にとって最適な学習環境をいかに築いていくかというテーマも議論していく必要があると言えます。

2002年の4月までに、第1期の研究会全10会合を、そして2003年までに第2期の研究会全8会合を終え、同年3月より、第3期の研究会がスタートいたしました。第3期では、引き続き国内外でのカンファレンスや企業でのEラーニングへの取り組み状況をモニターするとともに、真に学習効果のあるEラーニングのあり方を模索しています。

研究会の目的

組織が学習の手段としてEラーニングに取り組む上で抱える様々な問題や、国内外の理論や開発動向などを検討し、企業の枠を超えて協働で研究することを通して、Eラーニングの効果を高める方法を探求する。

第1期研究会で取り組んだテーマ

第1期研究会(2001年11月28日~2002年4月8日)

第1回(11/28)
・OnlineLearning2001ご報告
・Eラーニングのプラットフォーム(LMS、LCMS、Learning Object、標準化...)

第2回(12/5)
・TechLearn2001ご報告
・Eラーニングのインプリメンテーション(Blended Learning、Instructional Design...)

第3回(12/19)
・TechLearn2001ご報告(続)
・E-Communityの生成プロセス

第4回(1/9)
・EラーニングのROI
・日本のEラーニング市場

第5回(1/23)
・日本のEラーニング市場(続)

第6回(2/13)
・学習理論の探求1(客観主義)

第7回(2/27)
・学習理論の探求2(構成主義、社会的構成主義)

第8回(3/13)
・オーサリングツール

第9回(3/27)
・具体的な学習アクティビティの構築 (同期型学習、シミュレーション、ケーススタディ...)

第10回(4/10)
・今後のEラーニングの方向性と検証すべき課題

第1期研究会にご参加いただいていた企業組織名(50音順)

・株式会社エヌ・ティ・ティエックス
・株式会社NTTデータ
・株式会社NTTデータコミュニティプロデュース
・株式会社NTTメディアスコープ
・NTTラーニングシステムズ株式会社
・スカンディア生命保険株式会社
・ソニー生命保険株式会社
・日本GE Plastics株式会社
・日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
・日本マクドナルド株式会社
・有限会社パスカルコンサルティング
・株式会社日立製作所
・日立電子サービス株式会社
・ライフサイエンスサポート&サービス株式会社

第2期研究会で取り組んでいるテーマ

第2期研究会(2002年6月26日~)

第1回(6/26)
・ ASTD2002参加報告
・ ASTD2002から推察するEラーニングのニュートレンド
・ASTD2002/TechLearnに見るEラーニングの変遷

第2回(7/22)
・ASTD2002参加報告(続)
・Eラーニングとナレッジ・マネジメントの融合
・米国最新コンテンツ・デモ紹介

第3回(8/28)
・ASTD2002参加報告(続)
・学習の切り分け
・Eラーニングワールド2002参加報告

第4回(9/18)
・これまでの研究会の振り返り
・学習構造設計検討

第5回(10/11)
・OnlineLearning2002参加報告
・米国のEラーニングの現状と課題

第6回(10/23)
・米国Vital Learning社CEO、Karl Gnau 氏とのダイアログ
・OnlineLearning2002参加報告(続)
・Attack on ISD(ISDへの批判に関する議論)

第7回(11/13)
・OnlineLearning2002参加報告(続)
・Instructional System Designカンファレンス参加報告
・新しいインストラクショナルデザインの方向性

第8回(12/4)
・OnlineLearning2002参加報告(続)
・TechLearn2002参加報告
・Compeling Contents(人をひきつけるコンテンツ)

第2期研究会にご参加いただいている企業組織名(50音順)

・株式会社エヌ・ティ・ティエックス
・株式会社NTTデータ
・株式会社NTTデータコミュニティプロデュース
・株式会社NTTメディアスコープ
・NTTラーニングシステムズ株式会社
・コクヨ株式会社
・セールス技術研究コミュニティ
・日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
・日本マクドナルド株式会社
・株式会社日立製作所
・日立電子サービス株式会社
・株式会社富士通経営研修所
・株式会社富士通ラーニングメディア

第3期研究会で取り組んでいるテーマ

第3期研究会(2003年3月5日~2003年8月6日)

第1回(3/5):
・HRD Japan 2003ご報告

第2回(3/26):
・(続)HRD Japan 2003ご報告
・学習のモチベーションと継続性を高めるコンテンツのあり方

第3回(4/18):
・コンテンツの面白さに影響を与える内的・外的要因

第4回(5/7):
・(続)コンテンツの面白さに影響を与える内的・外的要因
・コンテンツの構成法

第5回(5/28):
・ASTD2003 EXPOご報告

第6回(6/18):
・ASTD2003ご報告
・米国における人材育成、Eラーニングの動向
・人事部門のミッション

第7回(7/9):
・(続)ASTD2003ご報告
・ローコストEラーニング
・ナレッジポータルのあり方

第3期研究会にご参加いただいている企業組織名(50音順)

・株式会社エヌ・ティ・ティエックス
・株式会社NTTメディアスコープ
・NTTラーニングシステムズ株式会社
・トレンドマイクロ株式会社
・日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
・日本マクドナルド株式会社
・株式会社日立製作所
・日立電子サービス株式会社

関連するメンバー

私たちは人・組織・社会によりそいながらより良い社会を実現するための研究活動、人や企業文化の変革支援を行っています。