ホームWHAT WE DOリサーチカンファレンスレポートTechLearn2002の概要

Techlearn

TechLearn2002の概要

関連するキーワード

TechLearn2002の構成

TechLearn 2002カンファレンスの構成は以下のとおりであった。

1.基調講演

本年度は以下の6人により、6つの基調講演が行われた

・カンファレンスの議長であり、Masie Centerの代表であるElliott Masie
・MIT教授であり、Learning Organizationの提唱者のPeter Senge
・コメディアン兼コラムニストでピューリッツァー賞受賞者のDave Barry
・元GEのCLOで、現在Goldman SachsにてCLOを務めるSteve Kerr
・コーチングの第一人者の1人Marshall Goldsmith(ファシリテーター)
・バスケットボールのコーチとして著名なDave Hopla

2.セッション

約200に及ぶセッションが行われた。セッションは大きく分けると以下の4つに分類された。

・Panel and Co-Host Sessions
  5~6名のパネラーで行われるパネル・ディスカッション
・ケース・スタディ
  先進ユーザーによる事例発表
・メガ・セッション
  インダストリー・リーダーから専門的な知識を学ぶセッション
・ダイアログ
  様々なテーマに関して、参加者グループが意見交換を行うセッション

3.Showcases

TechLearnでは、これまでEXPOでの営利スポンサー企業によるブース展示は一切行われておらず、代わって主催者であるElliott Masieとつながりのある非営利団体のブースが、協賛団体として展示されるのみであった。しかし、今年度からは、Showcasesと呼ばれるブース展示が行われていた。このShowcasesは、Online Learningで見られるような大々的なEXPOではなく、各ベンダーが同じ大きさのブースに入り、それぞれのサービスについて簡単に説明するといったものであった。

参加者概要

参加者総数は約1700名(うち日本人3名)であり、37カ国から参加していた。前述したように、参加者の構成は、企業で実際にEラーニングを導入している、あるいは導入を検討しているユーザーが中心を占めていた。

私たちは人・組織・社会によりそいながらより良い社会を実現するための研究活動、人や企業文化の変革支援を行っています。