ホームWHAT WE DOリサーチカンファレンスレポートPerformance-Based Instructional Systems Designカンファレンスの概要

Performance-Based Instructional Systems Designカンファレンス

Performance-Based Instructional Systems Designカンファレンスの概要

関連するキーワード

Performance-Based Instructional Systems Designカンファレンスの構成

Performance-Based Instructional Systems Designの構成は以下の通りであった。

1. Keynote Presentation(基調講演)

本カンファレンスの基調講演は、San Diego State Universityの教育工学教授であり、ASTD E-Learning Handbookの編集者のAllison Rossettによって行われた

2.Master Series

Master Seriesというタイトルのもと、以下に示すISDのエキスパート2人が、講演を行った。
 ・Darryl L. Sink and Associatesのプレジデントであり、Human Performance Improvementに関するコンサルタントのDarryl Sink
 ・ケーススタディをベースとしたEラーニングを効率的に開発するオーサリングツールを提供する企業、eLearninaのプレジデントを務めるBrenda Sugrue

3.Concurrent Sessions

その他にも、20に及ぶConcurrent Sessionが行われた。主なスピーカーは以下のようであった。
 ・Cisco Systemsでラーニング・オブジェクトのプロジェクトを展開するインストラクショナル・デザイナー、Chuck Barritt
 ・LeadingWay社のPresidentで、ISDに代わる新しい概念としてKSD(Knowledge System Design)を提唱するJames Li
 ・ISPIにてHPTのディレクターを務めるRoger Addison

参加者概要

参加者総数は約160名(うち日本人4名)であった。参加者の大半は、全米の企業でパフォーマンス・コンサルタント、あるいはインストラクショナル・デザイナーという肩書きをもった人たちであった。またその多くは博士号を有しており、アカデミックで権威的な雰囲気のあるカンファレンスであった。

私たちは人・組織・社会によりそいながらより良い社会を実現するための研究活動、人や企業文化の変革支援を行っています。